東京最安のマウスピース矯正

矯正治療について

矯正治療とは?

しっかり噛める美しい歯並び

歯科矯正治療は子どもが受けるイメージがあるかもしれません。

しかし大人になってからでも始められ、きれいな歯並びを得ることができます。

成人の矯正歯科治療の治療方針は外見のバランスや骨格的なズレ、咬み合わせのズレ、凸凹の程度、歯周組織の状態などを総合的に判断して決定します。

その結果、成人の矯正歯科治療では歯の本数を減らして並べることがあります。

これは骨の大きさと歯の大きさの不調和があるためで、この場合は、歯の器となる骨の大きさに合わせて歯の本数を減らします。

歯周組織や歯の状態に不安のある方

歯周組織や歯の状態に不安のある方も、歯周組織に優しい治療方針を立てることが出来ます。まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療を検討される方の大半は、見た目が綺麗になることを望まれています。

しかし、当院では見た目の改善だけでなく、かみ合わせを重視しております。

不安な方や自分は大丈夫なのか、心配なかたは一度ご連絡ください。

LINEでの相談はこちら

今すぐWEB予約

矯正治療のメリット

笑顔に自信が持てる矯正治療

歯並びを整えると、見た目の印象がよくなることは皆様ご存知かと思います。

そのほかにも、よく噛めるようになることで食事を取りやすくなったり、胃腸への負担を減らすこともできます。

また、噛み合わせがよくなることで、肩こりや腰の痛みなどの全身症状も治ることもあるのです。

歯科矯正でよりいっそう魅力的な口もとを作り、全身の健康も向上させていきましょう。

美しい歯並びがもたらすメリット

  • 笑顔に自信が持てる
  • 虫歯や歯周病を発症しにくくなる
  • 正しくはっきりと発音できる
  • 全身の健康維持につながる
歯並びの乱れがおよぼす悪影響
歯並びが悪いとお口の自浄作用がはたらきにくくなり、汚れがたまりやすく、ブラッシングでもきれいにできないので虫歯や歯周病のリスクが高まります。

歯並びの種類

あなたはどの歯並びですか?

出っ歯(上顎前突)

上顎前突とは、上下の顎の位置・歯の位置にズレがあり、上の歯が下の歯に比べ前方にある状態のことを言います。出っ歯とも呼ばれています。

受け口(反対咬合)

反対咬合とは、上顎前歯よりも下顎前歯が前に出ている状態を言います。遺伝的な要因や、口呼吸・舌癖などが原因になります。

すきっ歯(空隙歯列)

空隙歯列とは、顎が大きい、または歯が小さいことが原因で、歯がまばらに生えるような状態になっていることを指して言います。

口が閉じない(開咬)

奥歯が咬みあった状態で、前歯が咬みあわず、上下の前歯に隙間がある状態です。そのため、前歯で物を咬み切ることができません。

でこぼこ(叢生)

顎が小さいため、歯が正常に生えるスペースが十分になく、歯が重なり合って生えてくる状態を言います。八重歯もこれに含まれます。

深い噛み合わせ(過蓋咬合)

過蓋咬合とは、歯を噛み合わせたときに下の歯が見えなくなるくらい噛み合わせが深い状態のことを言います。

症例集ページをみる

矯正装置について

あなたの歯並びに合った治療法

矯正治療には個々人にあった治療法がございます。

安易に治療法を決定せず、精密な検査と矯正担当ドクターの診断を受け、しっかりと治療計画をたてた上で治療を受けてください。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科では、患者様一人ひとりにあった噛み合わせ、口元、笑顔をプランニングしています。

透明で目立たないマウスピース型
矯正装置(インビザライン)
インビザラインは、マウスピース型矯正装置で、透明に近く、目立ちにくい歯列矯正システムです。 基本マウスピースを1週間ごとで新しいマウスピースに変えていき、歯を動かしていく方法です。
裏側矯正
(周りに気付かれない・見えない矯正)
裏側矯正は、矯正装置であるブラケットを歯の裏側につけてワイヤーにて歯並びを治療していきます。矯正装置の中で、一番目立たなく審美的な装置です。 裏側矯正は、表側矯正と比べると技術的に難しいです。
部分矯正 (気になる前歯だけの矯正)
部分矯正は、奥歯の噛み合わせは変えず、患者様が気になっている上下顎前歯の噛み合わせ、歯並びを改善する治療方法です。鈴木雄士の部分矯正は「表側・裏側・マウスピース」の中から患者様の希望に合わせられるように努力しています。
表側全顎矯正 (最速のブラケット矯正)
表側矯正は、一般的に行われている矯正治療です。当院では口腔内をデジタル印象という「3Dデータ」にて印象します。従来の表側矯正と比べ治療期間が短くなり、最終的な仕上がりも綺麗になります。

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)が
注目されるのか?

世界100カ国以上の国々で
提供されている矯正治療

マウスピース型矯正装置は、歯に固定式の装置を装着する従来法と違い、着脱可能な透明のマウスピース(アライナー)を用いて矯正を行う方法です。

目立ちづらく、着脱が可能なため清掃性がよく、食事の制限がありません。

また、インビザラインとは着脱可能な透明のマウスピース(「アライナー」と呼ばれる)を用いて矯正を行う方法です。

こんな方におすすめ!

仕事上あまり矯正治療をしていることを見られたくない人や周りの人に矯正治療を知られたくないにおすすめです。

また痛みもワイヤーより少ないため、痛みに心配な人はマウスピース型矯正装置がいいと思います。

「テレビ関係の人、スチュワーデス、モデル、人前に出るような仕事関係」の職業の人がマウスピース型矯正装置をしている人が多いと思います。

インビザラインについて

診療時間
12:00-15:00 ×
16:00-20:00 ×

休診日:木曜・祝日  ◎:矯正治療のみ

毎週日曜・月1回の木曜は「矯正治療」の
診療のみとなります。

詳しいスケジュールは
こちら

JR板橋駅東口より徒歩1分の歯医者

tel.03-5944-5549

〒170-0012 東京都豊島区上池袋4-47-4